横浜及び神奈川全域と東京の賃貸店舗物件、貸し店舗など事業用物件は、企画から仲介そして管理まで全て有限会社シティ・プランナーへお任せ下さい!

シティ・プランナー[横浜]トップ > 店舗物件を貸したい方 > 賃貸ノウハウ&インフォ! > 借主が貸主へ出資?!

お知らせ

借主が貸主へ出資?!

2013年10月25日(FRI)

単語の配置がちょっと変わって見える、または間違ってる?と読む方も居られるかもしれません。
しかし間違えでは無く、入居希望者がビルオーナーへ出資してでも“其の場所”に出店したい場合が有るのです!

区切り線

【ケースA】
受電設備の容量に不足があれば電力供給会社と協議し2条引き込みの可能性を模索し、尚不足する場合は高圧受電設備の増設や新規設置など通常は一次側すなわち建物所有者資産としての区分へも投資される場合が御座います。

【ケースB】
木造築50年以上など老朽建物のの場合、テナント様お抱えの一級建築事務所など専門家による補強改修など、明らかに建物所有者区分へも投資される場合が御座います。

【ケースB‐2】
老朽建物のの場合そもそも建築費相当額を無利子でオーナー様へ差し入れて頂き建替えることが可能です。

区切り線

以上のケースは一部の例でありますが、どれも通常はオーナー様が費用負担される内容で、非常に高額帯の事案と思いますが、テナント様は「場所が良い」と判断されますと貸主様へ契約金とは別個で予算を創出頂ける場合が有るのです。
全ての場合では御座いません、寧ろレアなケースが殆どでは有りますが、当社には経験から得たノウハウとテナント様との信頼関係がございます。

賃貸を検討中のビルオーナー様、遊休地を寝かせている地主様、お気軽にお声掛け下さい。

[ 一覧へ戻る ]

事業用物件のお問い合わせはこちら

店舗検索

オフィス検索

お問い合わせ

店舗物件を横浜や都内の好立地でお探しの事業主様。神奈川または東京で賃貸店舗をご所有の大家様。その他関連する条件協議や空室対策など・・・下のお問合せボタンより有限会社りシティ・プランナーへ何なりとご用命下さい。

資料請求・お問い合わせ