横浜及び神奈川全域と東京の賃貸店舗物件、貸し店舗など事業用物件は、企画から仲介そして管理まで全て有限会社シティ・プランナーへお任せ下さい!

シティ・プランナー[横浜]トップ > 店舗物件を貸したい方 > 賃貸ノウハウ&インフォ! > 店舗物件に対するフリーレントってどうなの?

お知らせ

店舗物件に対するフリーレントってどうなの?

2014年1月8日(WED)

ここ数年でスタンダード化しつつありますこの「フリーレント」直訳すると「無料で貸す」となり実際の意味も字の如くです。当然永久では無く時限的措置です、多いのは精々1~2ヶ月程度、もしくは「○月○日または開店日どちらか早い到達日まで」など、例外では半年というケースも御座います。
行間

不景気における経済の停滞に起因した、新規もしくは増移転の消極化に対する貸主様方からの譲歩アプローチとなり、結果他の条件等への交渉含め包括的に借手市場などと呼ばれる状況に陥り続きました。
行間

このフリーレントという譲歩方法ですが、例外は大いに御座いますが、弊社としましては交渉に於ける非常に優れた考え方と位置付けております。
なぜなら比較的貸主様と借主様の両者に有効な歩み寄りと言えるからです。

行間

貸主方:永続的な値下げでは無く、周辺相場を崩すことも無い。
借主方:浮いた賃料相当額が店舗開業後の売上安定化迄の収支を助ける。

行間

あくまで貸主様による譲歩では御座いまして、ご理解を願うものですが、空室期間が半年~数年となっている場合に於いては数ヶ月のフリーレントがテナント様の出店判断を推進し、周辺の類似物件と比べ優先されるのであれば、採用する価値の有る譲歩の方法では無いでしょうか?
行間

アベノミクスによる期待があるこれからはどうなのでしょうか?期待は当然御座いますが各種情報やエコノミストの見解からは2014年急速な好転が有るとは言われておりません、むしろ建築費の高騰が先行して騒がれる状況下ではテナント様の内装工事費用も上がることも容易に想定され、まだまだ出店ラッシュになる気配は有りません。
行間年も明けました、空室にお悩みのビルオーナー様お気軽にお問い合わせ下さい。

[ 一覧へ戻る ]

事業用物件のお問い合わせはこちら

店舗検索

オフィス検索

お問い合わせ

店舗物件を横浜や都内の好立地でお探しの事業主様。神奈川または東京で賃貸店舗をご所有の大家様。その他関連する条件協議や空室対策など・・・下のお問合せボタンより有限会社りシティ・プランナーへ何なりとご用命下さい。

資料請求・お問い合わせ